鍵トラブルに遭う前の対策|防犯性を高めて安全を確保

南京錠

鍵の交換

キー

玄関に使用するタイプの補助錠として効果的なのものは、面付本締錠になります。本締錠の特徴はデッドボルトのみを備えた形状になります。本締錠の種類としては、埋め込み式と面付け式があります。面付け式のほうが玄関に適している理由としては、外側からデッドボルトが見えない構造になっているところになります。デッドボルトを隠すことで、鍵開けなどの強硬手段を回避することができます。また、面付け式で使用するデッドボルトは防犯性を意識して鎌タイプが有効とされています。鍵交換の際はこのような補助錠の役割もしっかり把握して選びましょう。

どんなに高性能な鍵に交換したとしても、扉に鍵がひとつでは問題があります。どのような鍵にも弱点はあるので、補助錠との併用が推奨されています。たとえば、メインで使用する鍵をピッキングに強いものへ交換したとします。その場合は補助錠をこじ開けに強いものにするなどすることによって安全性が高まります。鍵穴を扉に増やすことは、防犯意識の高さを周りにアピールすることに繋がります。また、鍵開けで侵入しやすい空き巣犯に対しても威嚇になり効果的です。

現在注目されている最新の防犯性能を備えた鍵に、生体認証システムというものがあります。生体認証システムでは、使用者の生体データを事前に登録します。主に登録する生体データは網膜や指紋などのデータになります。高性能な技術を使用したこの生体認証システムは主に銀行の金庫や研究室などに使用されています。最近では手軽に交換できるタイプも普及してきています。指紋認証タイプは、企業や賃貸マンションなどでも近年使用されています。